保育園や幼稚園のお子様のいるお母さんにも優しい目黒駅前の鍼灸マッサージ治療院
WEB予約 電話03-3449-5460

鍼治療の効果について

鍼,痛い,安全,使い捨て,治る

鍼治療というと・・・・

「コリに効くというが受けたことはない」「鍼を受けてみたいが痛そう」

という方のために、簡単に鍼というものについて説明していきたいと思います。

 

まず、なぜ鍼がコリに効くのか???

鍼を身体に刺すと、刺した部分の周りがうっすらと赤くなることが多くあります。

これを私たちの中では「フレア」と呼ぶのですが、これは鍼を刺した部分の血管が広がり、

体表から見えやすくなっているために起こる現象です。

 

別の言い方をすると、血管が広がってそこを通る血液の量が増えたために

赤い色が皮膚の上から見えるようになるということです。

 

つまりフレアは「血流が良くなった」という証拠になります。

 

コリというものは、同じ姿勢をとり続けたことなどによって

筋肉が収縮し続けた結果できたもので、内部は血流が悪い状態になっており、

新しい血液が入ってこないため、疲労物質や疼痛物質といったものが流れずに

溜まっていってしまいます。そういったコリに対して直接鍼を刺すことで、

先ほど説明した「フレア」という現象が起こり、疲労物質や疼痛物質が流れ、

コリがほぐれていくのです。

 

また「鍼は痛そう」という声をよく耳にしますが、鍼と聞くと多くの方は

「注射針」を想像するかと思います。

 

一般の方が接する機会のある針と言えば、注射針や縫い針くらいだと思うので仕方のないことですね。

 

しかし鍼灸で通常使用する「鍼」というものは非常に細く、

その細さは、指で触るとクネクネとゆがむほどです。

 

ですので鍼を初めて受けられる方は最初は緊張されていますが、

いざ刺してみると「え、もう刺さってるんですか?」と言われるくらいです。

 

ただ、凝り固まった筋肉まで鍼が届くと、ズーンとした感覚が現れることがあります。

これを「響き」といい、コリ固まった部分に当たった証となるのですが、

これに関しては好き嫌いが分かれるかもしれません。

 

もちろん、響きが嫌いという方には無理に響かせるようなことはしないので

ご安心ください。

 

響きが無いと効果も無い、ということもありません。

 

ぜひ安心して一度鍼治療をお試しになってくださいね。

目黒のもみ家さん鍼灸マッサージ整体院